読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Captain Fantastic And The Brown Dirt Cowboy

Captain Fantastic™(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。

Captain Fantastic(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。
Captain Fanatasticとポップミュージック愛好家たち。 ポップミュージック研究所。
最新の音楽情報(洋楽ロック)を速報でお知らせしていきます。

LINE@はじめました!

友達登録お願いいたします!
『Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち』
http://line.me/ti/p/%40dvz4831i @dvz4831i

友だち追加数


私のツイッター(twitter)IDはCaptainFantastです。

私のInstagramです。 http://instagram.com/captainfantast/

mixi IDは12088643です。


Facebookページ 「Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち」 

ぜひご参加ください!(いいねを押すだけで完了!) http://www.facebook.com/CaptainFantastticAnd


Google+
https://plus.google.com/u/0/+ArtSimon2014/posts

Art Simonが私の名前です。

お正月に読みたいビートルズ(The Beatles)関連書籍

お正月に読みたいビートルズ関連の書籍を並べます。

   

 これだけは最低限押さえておかないと、ファン同士のお話しにもなりませんよ。

残念ながら、現在廃版のものも多いので、気長に中古書店巡りでもいかがですか?

 

ビートルズをつくった男―ブライアン・エプスタイン (新潮文庫) 文庫 – 1992/12
レイ コールマン (著), Ray Coleman (原著), 林田 ひめじ (翻訳)

 

「5人目のビートルズ」、マネージャーのブライアン・エプスタインの伝記です。
著者がレイ・コールマンである点が信用がおけます。


耳こそはすべて―ビートルズ・サウンドを創った男 (河出文庫) 文庫 – 1992/12
ジョージ マーティン (著), George Martin (原著), 吉成 伸幸 (翻訳), 一色 真由美 (翻訳)

 

サウンド面での「5人目のビートルズ」、プロデューサーのサー・ジョージ・マーティンによる書籍です。
「耳こそはすべて」なのです。


ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版 単行本 – 2009/9/7
マーク・ルーイスン (著), 内田久美子 (翻訳)

 

マーク・ルイソンによる、調査(レコーディング・データ)が日記形式で綴られています。
真実がはっきりしない部分など、まだまだ多くの謎がありますが、
現時点ではこれが決定的です。


ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実 <新装版> 単行本(ソフトカバー) – 2009/9/9
ジェフ・エメリック (著), ハワード・マッセイ (著), 奥田 祐士 (翻訳)

 

こちらはビートルズのエンジニア、ジェフ・エメリックによるビートルズ・サウンド・メイキングのすべて。
序文をエルヴィス・コステロが担当しています。


ジョンとヨーコ ラストインタビュー 単行本 – 1990/11
デービッド シェフ (著), 石田 泰子 (翻訳)

 

メンバーの言い分も訊いてみましょう。
「ジョン・レノンPLAYBOYインタビュー」ですが、9月8日から28日まで3週間に渡りPLAYBOYが取材したインタビューで、
ビートルズ、ジョン・レノンとヨーコについてのよい参考書です。


ジョージ・ハリスン自伝―I・ME・MINE 単行本 – 2002/12
ジョージ ハリスン (著), George Harrison (原著), 山川 真理 (翻訳)

 

クワイエット(静かなる)ビートル、ジョージ・ハリスンによる回想録。
デレク・テイラーがゴーストライトしています(笑)。

まずは基本図書として、最低限必要なものだけ選びました。

f:id:captainfantastic:20151230160015j:plain