読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Captain Fantastic And The Brown Dirt Cowboy

Captain Fantastic™(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。

Captain Fantastic(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。
Captain Fanatasticとポップミュージック愛好家たち。 ポップミュージック研究所。
最新の音楽情報(洋楽ロック)を速報でお知らせしていきます。

LINE@はじめました!

友達登録お願いいたします!
『Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち』
http://line.me/ti/p/%40dvz4831i @dvz4831i

友だち追加数


私のツイッター(twitter)IDはCaptainFantastです。

私のInstagramです。 http://instagram.com/captainfantast/

mixi IDは12088643です。


Facebookページ 「Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち」 

ぜひご参加ください!(いいねを押すだけで完了!) http://www.facebook.com/CaptainFantastticAnd


Google+
https://plus.google.com/u/0/+ArtSimon2014/posts

Art Simonが私の名前です。

「5人目のビートルズ(The Beatles)」ジョージ・マーティン(George Martin)、死去 享年90歳

ザ・ビートルズのアルバムのプロデュースを手がけたことで知られるプロデューサーのジョージ・マーティンが亡くなったと報じられている。

   

享年90歳だった。

米Yahoo! Musicはユニバーサル・ミュージック・グループの広報担当者にマーティンの死去を確認したが、死因などの詳細はまだ不明。

 

ザ・ビートルズのドラマーであるリンゴ・スターは次のようにツイートしている。
「ジョージ・マーティンに神の祝福を。奥様のジュディに平穏と愛を。彼の家族はリンゴと妻のバーバラを愛してくれています。ジョージ・マーティンは惜しまれることになるでしょう」

 続けてこうツイートしている。「あなたの愛と親切さに感謝を。ジョージ・マーティンに平穏と愛を」

故ジョン・レノンとオノ・ヨーコ(83)の息子、ショーン・レノン(40)もtwitterで「言葉がありません。安らかに眠ってください」などと追悼メッセージを送った。

 

1926年にロンドンで誕生したマーティンは、卒業後、BBCのクラシック音楽部門で仕事をした後、1950年にEMI傘下のParlophone Recordsに入社、5年後にはマネージャーに就任した。クラシックやコメディーなど多くの作品を手掛け、1962年にザ・ビートルズと出会った。

 

“5人目のザ・ビートルズ”と称される人物は何人かいるが、マーティンをそう呼ぶことに異論を唱える人はいないだろう。

 (やはり「5人目のビートルズ」と呼ばれた英音楽家(ドラマー)、アンディ・ホワイトも2015年11月に85歳で死去している。)

 

1996年には音楽業界とポップ・カルチャーへの功績が認められ、英女王よりナイトの称号を授かった。

 

ビートルズ解散後は、アメリカやジェフ・ベック、ウィングス、エルトン・ジョン等のプロデュースを務めた。

 

イン・マイ・ライフ George Martin CD

ビートルズ・サウンドを創った男―耳こそはすべて 単行本 – 2002/8 ジョージ マーティン (著), George Martin (原著), 吉成 伸幸 (翻訳), 一色 真由美 (翻訳)

ジョージ・マーティン・ボックス・セット CD

プロデューサー ジョージ・マーティン ビートルズを完成させた男〔完全版〕【Blu-ray/日本語字幕付】

プロデューサー ジョージ・マーティン ビートルズを完成させた男〔完全版〕【DVD/日本語字幕付】 ジョージ・マーティン (出演), ポール・マッカートニー (出演)

The Early Works Of George Martin [Import] CD, Import, Original recording remastered, Compilation

f:id:captainfantastic:20160309183900j:plain

ポール・マッカートニーによる声明全文訳は以下の通り。

 

「ジョージ・マーティンの訃報を聞いて、とても悲しい気持ちでいます。偉大な人物である彼とは、本当にたくさんの素晴らしい思い出があり、その思い出は永遠に僕の中から消えることはありません。彼は本当の紳士であり、僕にとっては二人目の父親のような存在でした。技術と気の利いたユーモアでザ・ビートルズのキャリアを導いてくれた彼は、僕と僕の家族の真の友人になりました。もし誰かが5人目のザ・ビートルズの座を得ることができるとすれば、その座はジョージのものです。彼がザ・ビートルズの最初のレコーディング契約を結んだ日から、僕が彼に最後に会った日まで、最も寛大で、聡明で、音楽に精通した彼と知り合うことができたことを光栄に思ってます。

 

ジョージとすごした日々の中で、一番気に入っている思い出を選ぶのは難しいことです。たくさんの思い出がありますが、一つ思い浮かぶのは、僕がレコーディングの場に自分で書いた「イエスタディ(Yesterday)」を持って行った時のことです。ギターを弾きながら、僕が一人で歌ったらどうかと、メンバーが言ったことがありました。一人で歌った後、ジョージ・マーティンは僕に『ポール、この曲に弦楽四重奏を加えるという考えがあるんだ』と言ってきました。『いやいや、ジョージ。僕たちはロックンロール・バンドなんだ。それはいいアイディアとは言えないな』と僕は答えました。労わるような優しい口調で、偉大なるプロデューサーである彼は僕に言いました。『試してみよう。もしうまくいかなかった時は弦楽器を入れずに、君のソロ・ヴァージョンでいけばいいじゃないか』。僕は彼の意見に同意して、次の日にはアレンジを加える作業をするために、彼の家に行ったんです。

 

彼は僕が見せたコードを使って、ピアノで音符の幅を広げ、低いオクターヴのチェロや高いオクターヴでの第一ヴァイオリンを付け加え(*)、弦楽四重奏がどんな音を持っているか、初めてのレッスンを僕にしてくれたのです。彼のアイデアが生きていたのは明らかで、その曲は結果として、フランク・シナトラやエルヴィス・プレスリー、レイ・チャールズ、マーヴィン・ゲイをはじめとした何千ものアーティストによって、最も多くレコーディングされた曲の一つとなりました。

 

ジョージについて僕が持っているたくさんの思い出のうちの一つでしかないですが、彼は「エリナー・リグビー(Eleanor Rigby)」や「007 死ぬのは奴らだ(Live and Let Die)」をはじめ、たくさんの僕の曲のアレンジを手助けし続けてくれたのです。

 

鋭いユーモアのセンスを兼ね備え、自分自身を嘲ることもできた、あんなにも素晴らしい紳士と知り合えたことを誇りに思っています。女王からナイトの称号を送られた時でさえ、彼については鼻にかける様子は微塵もありませんでした。

 

彼の親しい友人であった僕と僕の家族は、彼のことを非常に惜しみ、彼の妻であるジュディと、子どもたちのジャイルズとルーシー、そして孫たちに我々の愛を送ります。

私の魂とイギリス音楽の歴史に消えることのない跡を遺した真に偉大な人を世界は失いました。

 

ジョージ・マーティンと、あなたの港に入港したすべての人々に神の御加護がありますように」

 

*注釈
ジョージ・マーティン曰く、第一バイオリンが高い音を出し続けるアイデアはポールによるものとのこと。