Captain Fantastic And The Brown Dirt Cowboy

Captain Fantastic™(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。

Captain Fantastic(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。
Captain Fanatasticとポップミュージック愛好家たち。 ポップミュージック研究所。
最新の音楽情報(洋楽ロック)を速報でお知らせしていきます。

LINE@はじめました!

友達登録お願いいたします!
『Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち』
http://line.me/ti/p/%40dvz4831i @dvz4831i

友だち追加数


私のツイッター(twitter)IDはCaptainFantastです。

私のInstagramです。 http://instagram.com/captainfantast/

mixi IDは12088643です。


Facebookページ 「Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち」 

ぜひご参加ください!(いいねを押すだけで完了!) http://www.facebook.com/CaptainFantastticAnd


Google+
https://plus.google.com/u/0/+ArtSimon2014/posts

Art Simonが私の名前です。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、新作にエルトン・ジョンが参加・・・?

現在、ニュー・アルバムのレコーディングの最終段階にあると見られているレッド・ホット・チリ・ペッパーズだが、新作にエルトン・ジョンが参加していると報じられている。

   

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは昨年よりデンジャー・マウスをプロデューサーに迎えてレコーディングが行われていることが報じられており、先日、バンドはミックスにレディオヘッドのプロデューサーとして知られるナイジェル・ゴッドリッチを迎えてスタジオに入っていることを明かしている。

その新作について『ザ・ミラー』紙によれば、エルトン・ジョンが参加していると報じられている。

 

情報筋は次のように語っている。
「今年の初め、エルトン・ジョンがロサンゼルスにいる時にアンソニー・キーディスは連絡をとっていて、自分たちがレコーディングを行っているスタジオに来てもらえないか、頼んだんです。イエスという返事をもらった時は喜んでましたよ。彼らが一緒にやった曲が本当に素晴らしいんです」

f:id:captainfantastic:20160323210916j:plain

レッド・ホット・チリ・ペッパーズはずっとエルトン・ジョンの大ファンですからね。前作から5年になるわけですからね。だから、こうして華々しい形で戻ってこられることにメンバーも興奮しています」

 

「エルトン・ジョンは別のアーティストともレコーディングを行っていて、そちらうまく行っているようですよ

 

エルトン・ジョンはレディー・ガガと共作をしていることが報じられているほか、クリーン・バンディットともコラボレーションを行っており、ザ・キラーズの次回作にも参加すると噂されている。

 

思えばエルトン・ジョンはアルバム「Songs From The West Coast」(2001年)にレッチリに参加して欲しがっていた。

 

Fleaはおそらく僕の最も好きなベースプレイヤーのひとりだ。いつの時代でもね。本当にファンキーだし、彼とギタリストはすごく上手くリズミカルにプレイする。Red Hot Chili Peppersのプレイヤーは3人で、間に空間がたくさん空いている。僕の初めてのバンドみたいなんだ。ピアノにベース、そしてドラム。曲にもすき間があった。長い間そういったことはなかったんだけど、それは僕がシンセサイザーやオーケストラで何となくそのすき間を埋めていたからなんだ

 

僕がRed Hot Chili Peppersがおもしろいと思ったのは、彼らは空間を残していて、曲がすごくオープンだから。このアルバムでもそういうことをした。過去に穴を埋めることはできたんだろうけど、そのまま残しておいたんだ。それが重要だと思ったからね。リズムセクションとして、Red Hot Chili Peppersは本当にすばらしいと思うよ

 

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは一連のツアー日程と夏のフェスティバル出演を発表しており、今年のレディング&リーズ・フェスティバルでヘッドライナーを務めるほか、T・イン・ザ・パークでヘッドライナーを務める予定ともなっていて、今年のロラパルーザのヘッドライナーを務めるのではないかと噂されている。

 

ベーシストのフリーは先日、ニュー・アルバムの作業を終えようとしており、バンドが「新時代に突入した」と語っている。

 

「ほぼ終わりまで来てるんだ」とフリーは語っている。「今回はリック・ルービンの代わりにデンジャー・マウスがプロデュースしててね。新時代に突入してて、本当に興奮してるよ」

 

アルバムのサウンドについて訊かれると、彼はこう続けている。「新しくて、これまでと違うんだけど、でも、自分たちのいい部分は犠牲にしてないよ。これまでにあった曲もいくつかあるし、新しいものもあるんだ。ライヴでやるのが待ちきれないよ」

John Frusciante - Your Song (Elton John Cover) 

 

再発売されました!
Dylan Thomas: Under Milk Wood (With Original Music By George Martin & Elton John)