Captain Fantastic And The Brown Dirt Cowboy

Captain Fantastic™(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。

Captain Fantastic(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。
Captain Fanatasticとポップミュージック愛好家たち。 ポップミュージック研究所。
最新の音楽情報(洋楽ロック)を速報でお知らせしていきます。

LINE@はじめました!

友達登録お願いいたします!
『Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち』
http://line.me/ti/p/%40dvz4831i @dvz4831i

友だち追加数


私のツイッター(twitter)IDはCaptainFantastです。

私のInstagramです。 http://instagram.com/captainfantast/

mixi IDは12088643です。


Facebookページ 「Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち」 

ぜひご参加ください!(いいねを押すだけで完了!) http://www.facebook.com/CaptainFantastticAnd


Google+
https://plus.google.com/u/0/+ArtSimon2014/posts

Art Simonが私の名前です。

ポール・マッカートニー 告白 (仮) 単行本 – 2016/6/10 ポール・デュ・ノイヤー (著),奥田祐士 (翻訳)

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の自伝的インタビュー集『ポール・マッカートニー 告白(仮)』がDU BOOKSから6月10日発売予定。

   

ポールと35年以上にわたって親交を深めてきた著者が、これまでの対話の記録を一冊に集約。もっとも信頼する音楽ジャーナリストだけに打ち明けた、
人間ポール・ マッカートニーの本音がここに。

●『ポール・マッカートニー 告白(仮)』
ポール・デュ・ノイヤー 著 奥田祐士 訳
A5/550ページ/並製

6月10日発売予定
3,240円(税込)

 

●『ポール・マッカートニー 告白(仮)』
ポール・デュ・ノイヤー 著 奥田祐士 訳
A5/550ページ/並製

6月10日発売予定
3,240円(税込)

ポールにとっても“ビートルズ以降の人生”は苦闘の連続だった!
デビューから50年以上をへて振り返る、すべてのこと。
創作の秘密や直面する自らの老いにも踏み込んだ、自伝的インタビュー集

――「本気で音楽が世界を変えられると思っているのか?」と訊かれるたびに、もちろん、と答えてきた
ポール・マッカートニー

<主な内容>
イントロダクション
しごくまっとうだけれど、たまたま天才だった男

第1部

第1章 今日の語らい
第2章 アイスキャンディを手にしたロックンローラー
第3章 ビートルズになるっていうこと
第4章 トップのてっぺん
第5章 ロックはアートになる
第6章 暗闇のなかの奮闘
第7章 ファブ4、最後の瞬間
第8章 ポールとロング・ヘアード・レディの旅
第9章 ウィングス、ゼロからのスタート
第10章 バンド・オン・ザ・ラン
第11章 たたまれた翼
第12章 不屈のクリエイティビティ
第13章 マッカートニー・イン・フィルム
第14章 ブリティッシュ・ライト・ミュージック
第15章 ジョン

第2部
第16章 ぼくたちがやり残した仕事
第17章 アポロ・C・ヴァーマス氏の仕事術
第18章 夢の実現
第19章 歌に魔法をかけるには
第20章 ほほ笑みの向こう側
第21章 いい服着てれば生きるのは簡単
第22章 おのれ自身に正直であれ
第23章 パンクスと同時代のライバルたち
第24章 やりたいからやってるんだ
第25章 ステージの上から見える景色
第26章 ベテラン・ミュージシャンの職業倫理
第27章 ドゥ・イット・ナウ
第28章 誰だって失敗する
第29章 リンダ
第30章 LOVE

フィナーレ:50曲のお気に入り
〈今日の誓い〉や〈マイ・ラヴ〉に感動しない世代が登場するなどということが、はたして実際にありうるだろうか?

<著者紹介>
ポール・デュ・ノイヤー
音楽ジャーナリスト。ロンドンおよびリヴァプール在住。イギリスを代表する週刊の音楽新聞「NME」の記者でキャリアを積んだのち、「Q」誌に参 加して編集者となる。
その後音楽月刊誌「MOJO」の創刊編集者を務め、「HEAT」誌の立ち上げにも尽力。
「ポール・マッカートニー 告白」は 5冊目の著書となる。

 

f:id:captainfantastic:20160415210320j:plain