Captain Fantastic And The Brown Dirt Cowboy

Captain Fantastic™(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。

Captain Fantastic(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。
Captain Fanatasticとポップミュージック愛好家たち。 ポップミュージック研究所。
最新の音楽情報(洋楽ロック)を速報でお知らせしていきます。

LINE@はじめました!

友達登録お願いいたします!
『Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち』
http://line.me/ti/p/%40dvz4831i @dvz4831i

友だち追加数


私のツイッター(twitter)IDはCaptainFantastです。

私のInstagramです。 http://instagram.com/captainfantast/

mixi IDは12088643です。


Facebookページ 「Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち」 

ぜひご参加ください!(いいねを押すだけで完了!) http://www.facebook.com/CaptainFantastticAnd


Google+
https://plus.google.com/u/0/+ArtSimon2014/posts

Art Simonが私の名前です。

来日50周年記念 日本武道館公演 ビートルズのアビイ・ロード・スタジオでのレコーディングを再現する公演が日本上陸決定!

ロンドンのアビイ・ロード・スタジオで行われたザ・ビートルズのレコーディング・セッションの模様を生で再現する公演「ザ・セッションズ」が、ザ・ビートルズの来日公演から50周年を記念して日本上陸を果たすことが決定した。

   

「ザ・セッションズ」は、アビイ・ロード・スタジオでザ・ビートルズを担当した伝説のレコーディングエンジニア、ジェフ・エメリック監修によるもので、ギター、アンプ、マイク等も当時の機材を使用し、総勢約50名の外国人ミュージシャン/シンガーにより、当時のレコーディング収録曲を、演奏、アレンジメント、そしてハーモニーにおいて忠実に再現するものとなっている。

 

3月30日にチャリティでの公演の初公開がリバプールで行われ、既に完売となっている世界初公開公演は、4月1日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催される。
UKではアリーナでの11公演が予定されており、ブライトン、カーディフ、ノッティンガム、ニューカッスル、グラスゴー、マンチェスター、アバディーン、リーズ、バーミンガムといった公演の後にロンドンの2夜連続公演でUK公演は締めくくられる。

 

『エルヴィス・プレスリー – イン・コンサート・ショウ』のクリエイターであるスティグ・エドグレンがプロジェクトを手がけていて、2012年のロンドン五輪の閉会式やテイク・ザットのスタジアム・ツアーのクリエイティヴ・ディレクターを務めたキム・ギャヴィンとともにエグゼクティヴ・プロデューサーを担当している。

 

セットは、ザ・ローリング・ストーンズやAC/DC、U2のステージを手掛けるスチューフィッシュがデザインと制作を担当している。

 

日本公演の初日は、ザ・ビートルズが50年前に日本公演初日を行った6月30日で、会場も同じ日本武道館となっている。

「ザ・セッションズ」のイントロダクション・ムーヴィーはこちらから。

 

さまざまな角度から見渡せる舞台セットは「アビイ・ロード・スタジオ2」の再現!。

f:id:captainfantastic:20160225195140j:plain

そこで1962年から1969年までに収録された「ラヴ・ミー・ドゥ」から「ジ・エンド」までを再現します。


当時の革新的レコーディング技術を駆使して制作されたアルバムから生まれたヒット曲たちが、若きシンガー、バンド、オーケストラメンバーのパフォーマンスにより蘇ります。

 

このライヴは、いわば“進行するレコーディング・セッション” !ステージに照明が灯り、幕が上がると、歴史に名を刻むレコーディングで使われたスタジオ機材―音響装置、ブームスタンド、そして楽器たち―それらにも息が吹き込まれ舞台は動き出します。

 

総勢約50人の演奏者とシンガーのパフォーマンス、そしてオーバーダビング技術を駆使したレコーディングが見せる「進化」もショーの見所の一つ。

 

当時のレコーディング収録曲を、演奏、アレンジメント、そしてハーモニーにおいて忠実に再現。


もちろん、ギター、アンプ、マイク、管楽器も当時のまま。
まるでビートルズのヒット曲を収録した“レコード”を、コンサートで“ライヴ再生”しているかのような感覚を味わえるはず!

 

これはスタジオ・セットを真似たショーではありませ―“音”の再現を限りなく追求したライヴなのです。

 

精鋭のミュージシャンたちが各パートを担当、ボーカリスト達は、プロデューサーとジェフ・エメリック自らが選抜しました。

f:id:captainfantastic:20160225195245j:plain

公演の詳細は以下の通り。

来日50周年記念 日本武道館公演
「ザ・セッションズ」
ザ・ビートルズ at アビイ・ロード・スタジオ

 

【公演日程】
日時:
2016年 6月 30日(木) 開演 19:00(予定)
2016年 7月 1日(金)[昼公演] 開演 14:00(予定)
2016年 7月 1日(金)[夜公演] 開演 19:00(予定)

 

【会場】日本武道館(東京・北の丸公園)

【料金(全席指定・税込)】
S席:10,500円 A席:9,500円 B席:8,500円
※未就学児童入場不可

 

【チケット発売情報】
先行:2月25日(木)18時00分 ~ 3月18日(金)23:59
プレイガイド先行:3月19日(土)10:00 ~ 4月8日(金)23:59
チケット一般発売日:4月9日(土)10:00 ~(予定)

 

注1:ザ・ビートルズのメンバーの出演はありません。
注2:ジェフ・エメリックの来日は不明です。
注3:既に先行予約はこちらのサイト内にて行なわれています。

 

既に先行予約はこちらのサイトにて行なわれています。

 

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実
ジェフ・エメリック (著), ハワード・マッセイ (著), 奥田祐士 (翻訳)

 

f:id:captainfantastic:20160225183426j:plain