読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Captain Fantastic And The Brown Dirt Cowboy

Captain Fantastic™(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。

Captain Fantastic(キャプテンファンタスティック)による日記(ブログ)です。
Captain Fanatasticとポップミュージック愛好家たち。 ポップミュージック研究所。
最新の音楽情報(洋楽ロック)を速報でお知らせしていきます。

LINE@はじめました!

友達登録お願いいたします!
『Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち』
http://line.me/ti/p/%40dvz4831i @dvz4831i

友だち追加数


私のツイッター(twitter)IDはCaptainFantastです。

私のInstagramです。 http://instagram.com/captainfantast/

mixi IDは12088643です。


Facebookページ 「Captain Fantasticとポップミュージック愛好家たち」 

ぜひご参加ください!(いいねを押すだけで完了!) http://www.facebook.com/CaptainFantastticAnd


Google+
https://plus.google.com/u/0/+ArtSimon2014/posts

Art Simonが私の名前です。

ビーチ・ボーイズ パーティー セッション関連 未発表音源発売!

?

ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)の「パーティー(Party)」が大量の未発表音源を収録し、2枚組のCDとして11月20日にCapitol/UMeより発売される。

 

収録曲は以下のとおり。
DISC 1
THE ALBUM
1.HULLY GULLY [Session #2 – 9/8/65]
Lead vocal: Mike
2.I SHOULD HAVE KNOWN BETTER [Session #3 – 9/14/65]
Lead vocals: Carl & Al
3.TELL ME WHY [Session #2 – 9/8/65]
Lead vocals: Carl & Al
4.PAPA-OOM-MOW-MOW [Session #3 – 9/14/65]
Lead vocal: Brian
5.MOUNTAIN OF LOVE [Session #3 – 9/14/65]
Lead vocal: Mike
6.YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY [Session #5 – 9/23/65]
Lead vocal: Dennis
7.DEVOTED TO YOU [Session #3 – 9/14/65]
Duet vocals: Brian & Mike
8.ALLEY OOP [Session #3 – 9/14/65]
Lead vocal: Mike
9. THERE’S NO OTHER (LIKE MY BABY) [Session #3 – 9/14/65]
Lead vocal: Brian
10.I GET AROUND / LITTLE DEUCE COUPE [Session #4 – 9/15/65]
Lead vocal: Mike
11.THE TIMES THEY ARE A-CHANGIN’ [Session #5 – 9/23/65]
Solo vocal: Al
12.BARBARA ANN [Session #5 – 9/23/65]
Lead vocals: Brian & Dean
THE SESSIONS
13.LET’S GET THIS PARTY ROLLING [Session #2 – 9/8/65]
SESSION #1 [8/23/65]
14.I SHOULD HAVE KNOWN BETTER #1
Lead vocals: Carl & Al
15.RUBY BABY #1
Lead vocal: Brian
16.(I CAN’T GET NO) SATISFACTION #1
Group vocals: Brian, Carl, Dennis, Al, Mike
17.HULLY GULLY #1
Lead vocal: Brian
18.BLOWIN’ IN THE WIND
Solo vocal: Al
19.DIALOG: “THE SUNRAYS”
SESSION #2 [9/8/65]
20.RUBY BABY #2
Lead vocal: Brian
21.DIALOG: “THE MASKED PHANTOM”
22.HULLY GULLY #2
Lead vocal: Mike
23.DIALOG: “CARL, GO GET YOUR BASS”
24.HULLY GULLY #3
Lead vocal: Mike
25.(I CAN’T GET NO) SATISFACTION #2
Group vocals: Brian, Carl, Dennis, Al, Mike
26.DIALOG: “THAT’S A BAD GUITAR”
Piano: Brian
27.RUBY BABY #3
Lead vocal: Brian
28.DIALOG: “WHAT’S THE MATTER, CARL”
29.RUBY BABY #4
Lead vocal: Brian
30.DIALOG: “CARL’S TIRES”
31.I SHOULD’VE KNOWN BETTER #2
Lead vocals: Carl & Al
32.I SHOULD’VE KNOWN BETTER #3
Lead vocals: Carl & Al
33.DIALOG: “WASN’T THAT GREAT FOLKS?”
34.TELL ME WHY #1
Lead vocals: Carl & Al
35.DON’T WORRY BABY
12-string acoustic guitar: Carl
36.YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY #1
Lead vocal: Dennis
37.LITTLE DEUCE COUPE #1
Lead vocal: Mike
38.CALIFORNIA GIRLS
Lead vocal: Mike

DISC 2
SESSION #2 [9/8/65], continued
1.SHE BELONGS TO ME/THE ARTIST (LAUGH AT ME) #1
Lead vocal: Mike
2.FOOLING AROUND: HANG ON SLOOPY/YOU’VE LOST THAT LOVIN’ FEELIN’/TWIST AND SHOUT
Lead vocal: Mike
3.RIOT IN CELLBLOCK No.9 #1
Lead vocal: Mike
4.FOOLING AROUND: THE DIARY
Lead vocal: Bruce
5.DIALOG: “I THINK WE BETTER DO THIS NEXT WEEK”
Piano: Brian
SESSION #3 [9/14/65]
6.DIALOG: “LET’S COOK NOW AND EAT LATER”
7.TELL ME WHY #2
Lead vocals: Carl & Al
8.I SHOULD HAVE KNOWN BETTER #4
Lead vocals: Carl & Al
9.DIALOG: “WHAT I WANT TO DO”
10.DIALOG: “ARE WE STILL IN THE PARTY?”
11.MOUNTAIN OF LOVE #1
Lead vocal: Mike
12.DIALOG: “WHERE’S DENNY?”
13.DEVOTED TO YOU #1
Duet vocals: Brian & Mike
14.DIALOG: “WHAT ARE YOU DOING NOW”
15.YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY #2
Lead vocal: Dennis
16.DIALOG: “THIS PHONY PARTY” / TICKET TO RIDE
Lead vocal: Al
17.ALLEY OOP #1
Lead vocal: Mike
18.ALLEY OOP #2
Lead vocal: Mike
19.DIALOG: “TUNE IT LIKE IT IS”
20.THERE’S NO OTHER (LIKE MY BABY) #1
Lead vocal: Brian
21.THERE’S NO OTHER (LIKE MY BABY) #2
Lead vocal: Brian
22.DIALOG: “DO THE SPLITS”
23.DEVOTED TO YOU #2
Duet vocals: Brian & Mike
24.DEVOTED TO YOU #3
Duet vocals: Brian & Mike
SESSION #4 [9/15/65]
25.YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY #3
Lead vocal: Dennis
26.I GET AROUND
Lead vocal: Mike
27.LITTLE DEUCE COUPE #2
Lead vocal: Mike
28.MOUNTAIN OF LOVE #2
Lead vocals: Mike & Brian
29.TICKET TO RIDE #2
30.RIOT IN CELL BLOCK No. #2
Lead vocal: Mike
31.THE ARTIST (LAUGH AT ME) #2
Solo vocal: Mike
32.ONE KISS LED TO ANOTHER
Lead vocal: Mike
SESSION #5 [9/23/65]
33.YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY #4
Solo vocal: Dennis
34.YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY #5
Lead vocal: Dennis
35.DIALOG: “WHAT DID YOU STOP US FOR CHUCK?”
36.THE TIMES THEY ARE A CHANGIN’
Lead vocal: Al
37.FOOLING AROUND: HEART AND SOUL/LONG TALL SALLY
38.FOOLING AROUND: THE BOY FROM NYC
39.SMOKEY JOE’S CAFE
Lead vocal: Mike
40.DIALOG: “I GOT ONE MORE”
41.BARBARA ANN #1
Lead vocal: Brian
42.BARBARA ANN #2
Lead vocals: Brian & Dean
43.BARBARA ANN #3
Lead vocals: Brian & Dean

 

 Beach Boys Party Uncovered & Unplugged The Beach Boys 2CD

Beach Boys Party Uncovered & Unplugged アナログ

 

ビーチ・ボーイズ・パーティー!
【国内盤のみSHM-CD仕様】【日本語解説、歌詞対訳付】
■ビーチ・ボーイズの1965年のアルバム「ビーチ・ボーイズ・パーティ!」が最新リミックス&リマスター、さらに69トラックを追加した拡張版で登場!

■1965年のオリジナル・アルバムにオーヴァーダビングされていたお祭り騒ぎの会話等のパートを除いたアンプラグド・ヴァージョン!

■1965年11月、アルバム「ビーチ・ボーイズ・パーティ!」をリリース。このアルバムは創造的でファンに今なお愛し続けられている他人の曲をカヴァーしたアルバムであるが、パーティの雰囲気のサウンド部分はバンド・メンバーや家族、友人によって別にレコーディングされたものをミックスしたものであった。

■「ビーチ・ボーイズ・パーティ!」はビルボード・チャートのTOP10に上り、すぐさまゴールド・ディスクとなり、このアルバムから永遠のNo.2ヒット 「バーバラ・アン」が生まれた。

■発売50周年を記念して発売される本作「ビーチ・ボーイズ・パーティ!Uncovered and Unplugged」最新版は オリジナル・アルバムの12曲にミックスされていたオーヴァーダビングされたパーティのお祭り騒ぎのパートを取り除き、全てのビーチ・ボーイズ・パーティ・セッションから集めた新たな69曲と会話部分を追加収録。

■アルバムの中にはセッション中に撮られた写真や ビーチ・ボーイズの有名な解説者アラン・ボイドとクレイグ・スロウンスキーのエッセイ、この最新版のプロデューサー、マーク・リネットの解説付。

カタログNo : UICY15486
組み枚数 : 2
レーベル : ユニバーサルミュージック
発売国 : 日本
フォーマット : SHM-CD

 

f:id:captainfantastic:20160109125737j:plain